高速バスを最安値で予約するなら

高速バスの選び方!安さだけじゃない?

画像
画像

私のおススメする高速バス会社はココ!

高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】

 

高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】

 

高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】

高速バスと新幹線を徹底比較!本当におすすめなのはどっち?

安いというだけで選んでいませんか?

画像
乗車料金がとても安く、新幹線の4分の1程度で移動ができてしまう高速バスの人気が高まっています。

 

それに合わせて、ポータルサイトも増えてきて、楽天トラベルのような全国の高速バスを一括検索できるサイトで、目的地までの高速バスを予約している人が多いようです。

 

最大の魅力は、なんといっても、その乗車料金の安さです。

 

楽天トラベルでも、行き先と日にち、乗車人数を指定すれば、その日に空席がある全ての便が表示されて、なおかつ、乗車料金の安い便から順番に並べ替えられるので、最安の高速バスが見つかります。

 

しかし、最安値の高速バスには注意が必要です。

 

どんな高速バスでもいいから1円でも安い方がいいという人でしたら、最安値を予約してもいいでしょうが、安い高速バスで使われている座席は少し固いので、疲れがたまりやすくなります。

 

乗車料金が安いというメリットがある一方で、乗車時間が長いというデメリットがあります。

 

たとえば、東京から大阪に行く場合、新幹線でしたら3時間程度で到着しますが、これが、最低でも8時間以上かかりますし、渋滞や悪天候などが重なると、その時間はさらに長くなってしまいます。

 

座席が固いと、乗車時間が長くなればなるほど、からだの疲れはしんどくなりますので、こうした点も踏まえた上で、高速バスを比較することをおススメします。

 

 

乗車料金と座席ランクのバランスで選ぶ?

 

同じ路線、同じ出発時間でも乗車料金が異なるのは、座席や提供されるアメニティーグッズが違うからです。

 

特に座席は、最安値の席と最高値の席とでは、座り心地が雲泥の差です。

 

最安値の座席は「スタンダードタイプ」という名がついていることが多く、横4列席で縦に11〜13席配置されています。

 

車両の中に席がぎっしり、といった感じなので、1席あたりのスペースは、かなり狭くなります。

 

座席の幅、前後の間隔(シートピッチ)、足元のスペースはすべて最低限で、座席を傾けるリクライニングの角度も、後ろの席との関係からかなり小さくなります。

 

一方で、最高値とまではいかなくても、スタンダードタイプよりランクの高い座席を選べば、こうしたスペースやリクライニングの角度が大きくなります。

 

また、座席に使われる素材もグレードアップして、低反発性のクッションが敷かれていたり、ヘッドレストやレッグレストが取り付けられていたりと、長時間の乗車でも疲れにくい仕様になっています。

 

さらには、4列シートの車両よりも、座席がそれぞれ独立した3列シートタイプのほうが、他の乗客との間隔が空くので、ストレスを感じません。

 

夜行バスの場合は、3列独立シートだと自分の席がカーテンで仕切られてプライベート空間になるので、快適度はかなりアップします。

 

このように、乗車料金と座席の快適度のバランスを考えながら、自分が利用する便を選ぶのがコツです。

 

スタンダードタイプの席より少し高い席でも、新幹線の乗車料金と比べたらはるかに安いので、この点をお忘れなく!

 

 

アメニティーグッズを比較すれば、おもてなし度が分かる?

 

高速バスに乗ると、さまざまなアメニティーグッズが提供されます。

 

特に、乗車時間が睡眠時間になる夜行バスでは、その種類が多くなります。

 

毛布として使うブランケット、足元のムレを防ぐスリッパ、熟睡を誘うミニ枕、その他にも耳栓、アイマスク、歯ブラシなど。

 

乗客が少しでも快適に長旅を過ごせるようにと考えているバス会社は、こうしたアメニティーグッズを惜しみなく提供してくれます。

 

しかしコスト重視で、「安かろう悪かろう」の高速バス会社だったら、アメニティーグッズの提供が何もないこともあります。

 

こうしたアメニティーグッズは、100円ショップなどで安価で手に入るので、自分で購入して持参してもいいのですが、少しでも荷物を少なくしたい時などは、ジャマに感じることもあります。

 

提供されるアメニティーグッズは、同じ高速バス会社でも便によって変わってくるので、こうした点も比較することをおススメします!

 

 

新幹線と比較してトータルで勝るのは?

 

乗車料金で比較すると、新幹線は高速バスに劣ってしまいますが、所要時間の点で比較すると、圧倒的に不利になってしまいます。

 

急いで移動しなくてはならない人にとって、時間がかかるうえに、渋滞などで乗車時間が長くなる可能性のある高速バスはマイナスの乗り物になるでしょう。

 

しかし、長い乗車時間は、夜行バスでは睡眠時間をあてることで体感的に短くできますし、シートの快適度は圧倒的に上です。

 

最近の高速バス会社は、法律順守で運転手の健康管理や車両点検を徹底していますので、安全面にも信頼がおけます。

 

待合室に化粧室や着替え室を用意したり、就職活動生向けの手厚いサポートを提供している高速バス会社も増えています。

 

高速バス会社の提供する付加価値は、年々、高まってきています。

 

したがって、新幹線とトータルで比較すると、高速バスに軍配が上がると言えるでしょう。

高速バス安さの秘密!新幹線との比較!!

高速道路や一般道路を走行するので乗車料金が安い!

画像
新幹線は線路を走行しますが、高速バスの場合は、高速道路や一般道路を走行します。

 

この2つの交通手段を比較すると、一見、新幹線のほうが運行にかかる経費などがかからないと思う方もいるかもしれませんが、鉄道の場合は車両だけでなく、線路の点検、整備にも費用がかかりますし、他にも多くの維持費がかかります。

 

高速バスの場合は、車両の整備費用と高速道路の通行費用、ガソリン代が主な経費ですから、毎回20人近くのお客さんが乗れば、運転手の人件費を差し引いても、十分に利益が出るようです。

 

そのため、乗車料金を安くすることで人気を集めて乗客が増えて、便をさらに増やしてお客も利益も増やしている、そんな好循環にあるため、安い乗車料金を実現しているようです。

 

 

サラリーマンから観光客、就活生が利用

 

ひと昔前は、出張で地方に移動するサラリーマンが、交通費を浮かせるために使うケースが多かったです。

 

夜行バスの発車時間になると、各駅のバスターミナルでスーツ姿のサラリーマンが利用する姿が見かけられましたが、最近は、観光地に行く交通手段として使う人や、大阪や名古屋から東京に向かう就職活動中の大学生の利用が増えてきました。

 

交通費を節約したいという大学生にとって、新幹線で1往復する交通費で、2,3往復できますので、非常にお得な存在として好評を得ています。

 

また、観光地への移動手段で使う人の利用も、便の増加に伴って増えています。

 

特に、東京ディズニーシーへの直行便などは、平日も満席状態に近く、開園から閉園まで遊べて、帰りも同じ高速バスで帰ってこられるという、高い利便性が若い人を中心に受けています。

高速バスの予約、新幹線と比較してカンタン?

予約のカンタンさは両者互角!

画像
新幹線と高速バス、以前は両方とも、それぞれJRのみどりの窓口に行ったり、高速バス会社の営業所などに行ったりして、自分が乗りたい便の予約をしていました。

 

しかし、インターネットが普及して、いまやスマートフォンの普及も高まっている時代、交通手段の予約はインターネットが主流になっています。

 

インターネットからの予約だと、空いている便の検索がカンタンにできたり、予約の変更、キャンセルもスムーズにできたりと、何かと便利です。

 

ただし、新幹線の切符の予約の場合は、高速バスの予約と比べると、少し不便な点があります。

 

それは、便の予約をした後、駅の窓口に行って切符を取りにいかなくてはならないことです。

 

新幹線に乗るには、いずれにせよ駅に行かなくてはならないので、駅での切符の受け取りは面倒とは感じないですが、列車の発車時間が迫っている時に窓口が混雑している、といったケースはよくあります。

 

 

予約すればチケットレスで乗れる高速バス

 

その点、便の予約した後は決済をするだけで、コンビニエンスストアなどで乗車料金を支払っても、その控えのシートなどは、乗車日に持参する必要はありません。

 

予約が完了すれば、高速バス会社が乗客管理をしてくれて、座席まで決めてくれます。

 

ちょっとしたシステムの違いですが、新幹線と予約後の利便性を比較してみると、お任せできる高速バスのほうがかなり便利だと言えますね!

私のおススメする高速バス会社はココ!

高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】

 

高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】

 

高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】
高速バス比較して最安値で予約する?徹底検証!【おすすめバス会社は?】